« レトロな雰囲気が落ち着く焼き鳥屋 トリイチ | トップページ | えぼしのこころ’08 »

2008年7月14日 (月)

夏の風物詩 浜降祭

セバスチャンのレポートです。

ちがさき村の夏を感じるイチバンのイベント『浜降祭』の季節でございます。ハイ。
神社から集まるたくさんの神輿は何度見ても圧巻ですがわたくし恥ずかしいことに祭典会場に入場する朝5時に行けたことがまだないのでございます。
今年こそは早起きして行ってみたいと思います。ハイ。
ちがさき村の伝統的な祭りでございます。みなさんも迫力あるお発ち(式典後一斉に神輿が動き出す)だけは逃さないようお越しくださいませ。
海の状態により入れないこともあるようですが8時すぎから始まるそうでございます。

【浜降祭】
2008年7月21日(月・祝)

●浜降祭とは
今から160年ほど前の天保9年(1938)、寒川神社の神輿が、例年春に行われる国府祭(こうのまち)【大礒町国府本郷】に渡御した帰途、相模川の渡し場で寒川の氏子と地元の氏子が争いを起こし、川に落ちて行方不明になってしまいました。その数日後、南湖の網元である孫七さんが漁の最中にこのご神体を発見し、寒川神社に届けたことを契機に、毎年同神社の神輿が、そのお礼のため南湖の浜に赴き、「禊(みそぎ)」をするようになったと言い伝えられています。
一方、江戸時代後期に幕府がまとめた『新編相模国風土記稿』によると、鶴嶺八幡宮では、寒川神社のお礼参りよりずっと古い時代から、心身の罪やけがれを清める「みぞぎ」の神事を行うため、毎年、浜辺への渡御が行われていたとあります。
 

●開催時間
午前
5:00  ・・・ 一番神輿が祭典会場に入場(7:00までに全部の神輿が順次入場)
7:00  ・・・ 浜降祭合同祭開式
8:00  ・・・ 先駆神社神興発興(帰路へ出発)
9:00  ・・・ 終了※神輿が海に入るのは、入場時と祭事終了後の帰路へつく前です

●開催場所
西浜海岸(サザンビーチ西側)
※当日は午前4:55から臨時バス運行(茅ヶ崎駅南口より随時発進)

問合せ:茅ヶ崎市観光協会
〒253-0044 茅ヶ崎市新栄町13-29
電話番号:0467-84-0377

西浜海岸

|

« レトロな雰囲気が落ち着く焼き鳥屋 トリイチ | トップページ | えぼしのこころ’08 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43030/41836853

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の風物詩 浜降祭:

« レトロな雰囲気が落ち着く焼き鳥屋 トリイチ | トップページ | えぼしのこころ’08 »